横浜貨物運送
レーシングドライバー 坪井 翔
レーシングドライバー 岡本 大地
フォトギャラリー
サポーター募集
アーカイブ
ここだけの話
DRPスポンサープラン
DRPチャンネル

OUR PROJECT TEAM

ドリームレーシングプロジェクトは、プロレーサーを目指す若者を応援します。

モータースポーツトップカテゴリーのF1は、世界年間視聴者数が6億人に達し、
オリンピックとサッカーワールドカップ開催年以外では常に1・2位を争っています。
残念ながら国内でのモータースポーツはマイナースポーツですが、F1の人気は高く、
2014年の日本開催ラウンドでは日本人選手や自動車メーカーが参戦しない中、
15万人の観客が鈴鹿サーキットに訪れました。
そのF1で戦える選手は20人程で、技術、経験、運、以上に資金が必要となります。
国内外問わず現在、プロのレーシングドライバーは豊富な資金源を持っています。
従って、レーシングドライバーを目指すには、スポンサーを獲得しなくてはなりません。
多くの若者は実力がありながらも、ここで脱落していきます。
なにしろ国内モータースポーツでは、スポンサー様は広告価値を見出せませんし、
若者は経験が無いのでプレゼンテーションができません。

そこで当プロジェクトは、新しいコンテンツを創ることにより、スポンサー様にとって有益な価値を、
 ドライバーにとっては実現性のあるチャレンジを企画しサポートさせていただす。

DREAM RACING PROJECT サポート

ドリームレーシングプロジェクトは、レーシングチームではありません。
プロレーサーを目指す若者をサポートするプロジェクトチームです。

プロスポーツの中で、才能と努力だけではなれないプロレーサー。
速いマシン、強いチームを得られなければ勝てないレース。
若者がどうしても陥りがちなのが、この要素を最優先に満たそうということです。
 レースに勝つためには、資金(スポンサー)がないと参戦もできません。
資金(スポンサー)を得るためには、マネジメント能力が必要です。
速いマシンや強いチームがないとレースで勝てないと同様に、マネジメントできないとレースに継続して参戦できないのです。
 DRPでは、レーサーに必要なマネジメントの四大要素をコーチングしていきます。
また、支えてくださるスポンサーとファンに対して価値あるサポートをしていきます。
レーサーのマネージャーとして、スポンサーにとっては“メリットのある企画をする広告代理店”、
ファンにとっては“興味ある情報をリアルタイムに配信する媒体”、
育成重視のチームにとっては“ありがたい存在”、商売ベースのチームにとっては”やっかいな存在”をDRPの立ち位置と考えています。

『チャレンジする勇気』『謙虚な奉仕の精神』『あきらめない決意』の理念の基、プロレーサーになるために必要な、
最適なステップアップと効果的なスポンサー活動を行えるように、各個人の目標を実現できる計画をたてサポートしていきます。
また、レーシングチームではないので、契約金や前払い金等もありませんし、発生したコストの請求もいたしません。
あくまでも支援していただいたスポンサーフィーからの手数料徴収で運営しています。
理念・目的・サポート内容にご理解とご賛同を頂けた方には、面接をもって、選考・契約させていただきます。

SPONSORS
スポンサー

S3Hカードマネーホルダー 横浜貨物運送

商品やサービスのプロモーションキャンペーンのお手伝いをさせてください。
新しいカタチの“伝わる”広告パッケージを提案させていただきます。

PARTNERS
パートナー

  • 医療法人菜花会
  • 小倉興産
  • LHG
  • IDMS
  • モチュール
  • フーターズ
  • 日本オアシス
  • EVOTEC
  • interface
  • ヴォイス
  • チャモ

SUPPORTERS
サポーター

プロレーサーを目指す若者を応援していただける、サポーター様を募集しております。

OUR MISSION
DRPの目的

  • 1. プロレーサーを目指す若者のサポート
  • 2. モータースポーツの発展      
  • 3. プロレーサーの地位向上      
  • 4. 新しい共援メディアの創造     
  •  

    お問い合わせ先: drp@xyz-one.jp

    Facebookフェイスブック
    Twitterツイッター

    このページの先頭へ